第20回足立循環器フォーラム




ゴールデンウィークまであと数日ですね。

今年のゴールデンウィークは最大で9連休!!

皆さん連休はどのように過ごされるのでしょうか?




昨日、足立区医師会館にて「第
20回足立循環器フォーラム」が

開催されました。

 

綾瀬循環器病院からも「当院における大動脈疾患と

スーパーネットワークについて」と題して

院長先生が講演を行いました。


また特別講演として
東京女子医科大学病院 心臓血管外科 津久井宏行先生より
「最新の重症心不全治療」と題して
お話を頂きました。

平日の夜にもかかわらず

たくさんの医療機関の方々にお越し頂きました。

本当にありがとうございました。



 
人気ブログランキングへ

2012年新入職員オリエンテーション

今週は新入職員を対象としたオリエンテーションが行われています。

医師や各科の部長、主任が講師となり、それぞれの部署の職務内容や
規則、仕事の流れを説明していきます。



こちらの写真は、網看護部長による講義の1コマです。

新入職員の皆さんは真剣に講義に耳を傾け、
重要な内容についてはそれぞれメモをとっています。



こちらは薬剤師の田中主任から、薬の扱いについての講義の1コマ。

病院では各科の円滑かつ迅速な連携が非常に重要ですから、
規則を守って連絡漏れのないようにしっかりした手続を覚えなければなりません。



こちらは放射線科の柴崎主任による講義の1コマ。
造影剤について一人一人細かく指導しています。

オリエンテーションで予め必要な知識を学び
それぞれの部署で業務にあたっていきます。
みなさんどうぞよろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ

医事課接遇研修

本日は医事課研修にお邪魔しました。
今回は病院や先生への取材・インタビューのアポイントをもとめる電話を受けたときの
応対についての研修でした。



グループにわかれ、電話を受けたときに、相手に尋ねるべきこと、
問い合わせることなどを、メンバー間でそれぞれ挙げて確認しあい、
判断が難しい場面についてはさらに先輩職員に指摘して貰い、
これまで以上により良い応対の仕方を身につける研修でした。



今月の定例勉強会「冠動脈バイパス術」

CABG勉強会

 今月の定例の勉強会は心臓血管外科医の中村医師による
「冠動脈バイパス術とその術後管理」についてでした。

1.冠動脈の概要 2.術式 3.術後の注意点
について説明がありました。

術式の説明では、
・人工心肺を使用する術式と使用しない術式のメリット、デメリット
・どのような状態の患者さんにどちらの術式が最適か
といったお話がありました。

また、術後の注意点では、
合併症の可能性や投薬の注意点など看護師として気を配るべき点など
のお話もあり、大変有意義な勉強会でした。



人気ブログランキングへ

自動体外除細動器(AED)の講習会

 病棟の広兼師長を講師に医事課職員向けの
一次心肺蘇生法と自動体外除細動器(AED)の講習会を行いました。

まず、広兼師長から倒れている方を見つけた際の

1.意識の確認 (肩をたたく/呼びかける)
2.人を呼ぶ (119番通報の依頼/AED機器を持ってきてもらう等)
3.気道を確保 (額に手をあて、頭をそらす/顎の骨を指先で押し上げる)
4.自発呼吸の確認 (息を感じる/呼吸の音を聞く/胸の動きを見る)
5.心臓マッサージ (胸が3.5〜5センチ沈む程度/1分間に100回のテンポ)
6.AEDの使用 (機器からの音声指示に従う)

の一連の流れを説明いただき、その後、実際に職員が交代で実技を行いました。





実技を行った職員からは、心臓マッサージを行う際に予想以上に力がいるとの声が多く聞かれました。

広兼師長からのお話の中でも、たびたび挙げられていた、蘇生率は1分ごとに7〜10%するため
1分1秒でも早くAEDなどで対処することが重要であるということが強く印象に残りました。

緊急時には、この講習を生かす事ができるようにしたいと思います。



人気ブログランキングへ

ペースメーカーの勉強会

 
昨日、外部講師をお招きして、ペースメーカーの勉強会を行いました。

ペースメーカーの種類として
ペースメーカー(徐脈:ペーシング治療)
CRT-P(心不全:ペーシング治療)
ICD(頻脈:ショック治療、抗頻拍ペーシング)
CRT-D(心不全・頻脈:ペーシング治療、ショック療法)
の4種類があり、疾患や症状により植え込まれるペースメーカーが違い
それぞれの機器の説明から始まり
どのような症状に対して有効であるか、
どのような動作モードがあるのかなど
豊富な資料を基に教えていただきました。
(なお、当院では上記の4タイプ全て植え込みが可能です。)


また、日常生活を送る上での注意点についてや
植え込まれたペースメーカーに影響を及ぼす医療機器の
代表的なもの、例えばMRI撮影(核磁気共鳴画像法)などは禁忌であり
手術時に使用する電気メスは対極板の位置の確認や
CT撮影時も設定を変更する場合があるなどの説明があり
今後の業務に生かせる講義内容でした。





人気ブログランキングへ

今月の定例勉強会は「急性大動脈解離」についてでした

 

今月の定例の勉強会は心臓血管外科医の田岡医師による
「急性大動脈解離」についてでした。

当院は2010年11月より急性大動脈スーパーネットワークの
重点病院に指定され、年々救急搬送の件数、手術件数も増えてきている疾患です。

今回の勉強会は
1.概念 2.分類 3.病態、症状 4.検査 5.治療 6.予後 7.看護上のポイントの
7項目に分けて説明がありました。

分類の話では儀拭↓況燭stanford分類のA型は緊急手術に
なることが多く、迅速な診断、治療が必要との説明があり
実際の造影CTの画像や術中の写真などを見ながら説明がありました。

この他、人工血管置換術やステントグラフト内挿術についての手技の話や
心エコーで注意する項目、看護師さんが術後気をつけて欲しいことなど
多岐にわたる勉強会でした。



人気ブログランキングへ

医事課接遇研修

医事課で定期的に行われている接遇研修に参加しました。
今回は主に予約時の電話応対についての研修でした。


職員が交互に患者さん役と予約センターのオペレータ役になり
診察予約の受付や、予約変更の受付などのやり取りを行います。


医事課では、患者さんからの診察予約や問い合わせ、救急時の看護師への取次ぎなど、電話応対が主な業務でもあるため、電話をかけてくださった方に不愉快な思いを与えないよう日頃から訓練が求められます。


今回は、診察予約・診察予約日時の変更のパターンで、職員一人一人が皆の前で電話応対をこなし、良かった点・改善すべき点を挙げてディスカッションをしました。

 

 普段自分では気づかない声の大きさや言葉遣いなどを周りから指摘してもらい、自分の悪いクセなどを改善できたのではないかと思います。


 今後も定期的にこのような場を設け一人一人スキルアップを目指し、より良い電話応対を心がけていきます。




人気ブログランキングへ

在宅医療機器の勉強会を行いました


昨日、外部講師をお招きして医事課職員向けの在宅医療機器の勉強会を行いました。

在宅酸素療法の指示が出た方の、書類の処理などを医事課では担当していますが
実際に患者さんがどんな機器を使われているのか、実際に機器に触れてみる
機会は少なくよい経験となりました。


在宅療法機器を実際に見てみると、想像したよりも小型なものが多かったです。
実際に睡眠時無呼吸症候群の方が使用する持続的自動気道陽圧ユニット
(CPAP装置)のマスクを参加者全員が装着してみました。


この他にも新型のマスク式人工呼吸器など、実際に使われている
在宅医療機器について説明を受けました。
この勉強会で学んだことを現場で生かしていきたいと思います。



人気ブログランキングへ

ペースメーカーについての勉強会

 

先日外部より講師をお招きしてペースメーカーについての勉強会を行いました。
当院では年間50件以上の新規ペースメーカー植込術を行っています。

ペースメーカーは植込をした後、定期的にバッテリーの残量などを
チェックする必要があるため、当院ではペースメーカー外来を設けています。


ペースメーカー植込手術に使われる材料の一部です。
ペースメーカーは小型化が進み、500円玉より少し大きい程度で
重さも20gくらいのものもあります。


大きさの比較 左からペースメーカー、CRT−D、ICDです。


ペースメーカーチェックを行うときに使用する機械の
使い方や、チェックを行うときに見られる注意すべき波形など
実践的な講義内容でした。


人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM