健康増進教室での講演無事に終了しました。



先日、副院長の野崎先生が東和保健総合センターで
開催された健康増進教室で講演を行いました。

内容は脂質代謝異常症についてで、コレステロールを下げるポイントや
生活習慣の改善方法など、イラストや写真を使い
一般の方にも分かりやすく説明されていました。



昔に比べると脂質異常症の患者さんは年々増加しており
それが原因で動脈硬化症、更には心筋梗塞、脳梗塞となる場合もあります。

そんな病気に罹らないようにするには
運動や普段の食事に気をつけることがとても大切です。

食べ過ぎや間食、お酒の飲みすぎに注意し
もちろんタバコは厳禁です。

皆さんも一度、生活習慣を見直してみては如何でしょうか?? 



人気ブログランキングへ

慢性心不全の勉強会


 昨日、循環器内科の高橋医師が講師となり
「慢性心不全の病態と管理」と題して
定期勉強会を行いました。

心不全とは・・・
心臓のポンプ機能が低下し、全身に見合うだけの
拍出が出来なくなってしまう状態を言います。

当院でも心不全の患者さんは多く
皆さん真剣に先生のお話を聞いていました。



人気ブログランキングへ

健康増進教室にて野崎副院長の講演があります



足立区が主催する健康増進教室で
「コレステロールを下げるポイント ~3日制~」という
講演が3日間にわたり行われます。

1日目の9月18日(火)に、綾瀬循環器病院 副院長の野崎 直樹医師が
「脂質代謝異常症の基本と生活改善」と題して講演をします。

脂質代謝異常症の基本的な説明と、どのような生活が予防に繋がるか
という内容で、医師の立場から皆さんにお伝えする予定です。

後日、このブログで講演の模様を公開しますので、おたのしみに。




人気ブログランキングへ

第27回日本不整脈学術大会で発表を行いました〜臨床工学技士 勝目さん


去る2012年7月7日(木)に当院の臨床工学技士の勝目さんが
発表を行いました。

以下勝目さんから発表内容を伺いました。

今回、日本不整脈学術大会にて

「ペースメーカーがイントロゲートできず、プログラマーに

リリースコードを入力し、リセット現象を解除した1例」という題目で

発表させて頂きました。


日頃からペースメーカー業務に携わっていますと

時に珍しい事例に遭遇いたします。

その時素早く対応しなければなりません。

今回その様な状況が起こり、当院でどの様に対応したのかを発表してまいりました。

私たちは、この様に情報を発信し、また情報を受信しながら

より良い医療が行える様に、日々努力を重ねています。


 

ペースメーカー外来も当院の臨床工学技士が行なっております。

何かご不明な点がございましたらご相談下さい。



人気ブログランキングへ

定期勉強会:インスリンと消毒薬の適正使用について

 今日は外部から講師をお二人お招きしての定期勉強会が開かれました。



前半のテーマは、糖尿病患者さんが使用する
インスリン製剤に関する注意点についての講義をして頂きました。

今まで報告された中からよく起こりうるミスの例と
チェックするポイントを中心に、
インスリン注射の指導方法ついて教えていただきました。



食塩水の入ったサンプルの注射器です。
目盛りが拡大される拡大鏡や滑り止め防止のキットなど
使いやすいように工夫が施されています。

この他薬剤によって色分けされていたり
患者さんが使いやすく、間違えないようにいろいろな
工夫をされていることがわかりました。



後半のテーマは、消毒薬の適正使用について。
消毒薬の分類とその効果、そして適正な選択について。
さらに分類の代表的な消毒薬のメリットとデメリットについてお話いただきました。

消毒する対象に合わせて適切な消毒薬を選択することが
大切だということを学びました。

各部署から多くの職員が出席し、明日からの業務に役立つ
とても充実した内容の講義でした。



人工透析の勉強会

 今回の勉強会は腎不全に対する人工透析についてでした。


外部より講師の先生をお招きし
「持続緩除式血液濾過について」と題して
腎不全の原因や透析の原理などについて教えて頂きました。


看護師や臨床工学技師はもちろん、検査技師や事務員も参加し
大変有意義な勉強会になりました。




人気ブログランキングへ

定期勉強会:心臓の解剖 2012 その2

今回の心臓の解剖の実習では、他の外科の先生も参加して指導してくださいました。




建部 祥先生です。
豚の心臓を開いて内部の構造を説明されています。



中村 修子先生です。
豚の心臓に血管の縫い付けを実演されています。


四月から綾瀬循環器病院に着任されました遊佐 裕明先生です。
冠動脈について説明されています。



最後に実習中の全景を1枚。
ご指導下さいました先生方、参加された職員の皆さん、お疲れ様でした。


定期勉強会:心臓の解剖 2012

先週、院長先生をはじめとする外科の先生方の指導の下、
職員を対象に 豚の心臓を使って解剖実習が行いました。




院長先生が心臓を開き、内部の弁を指し示しているところです。
周囲の職員は、実際に見る心臓の構造を目に焼き付けています。
僧帽弁や大動脈弁、冠動脈、大動脈などの部位の説明や
当院で行っている術式はどの部位を切開し行うかなどの説明がありました。



豚の心臓を持ち上げ、重さや外観をじっくり観察しています。
(人間の心臓は体格にもよりますが、もう少し大きいとの事)
心臓の解剖実習は年1回のみのため、皆真剣に取り組んでいます。




次回もこの実習の模様をお伝えします。
人気ブログランキングへ

第20回足立循環器フォーラム




ゴールデンウィークまであと数日ですね。

今年のゴールデンウィークは最大で9連休!!

皆さん連休はどのように過ごされるのでしょうか?




昨日、足立区医師会館にて「第
20回足立循環器フォーラム」が

開催されました。

 

綾瀬循環器病院からも「当院における大動脈疾患と

スーパーネットワークについて」と題して

院長先生が講演を行いました。


また特別講演として
東京女子医科大学病院 心臓血管外科 津久井宏行先生より
「最新の重症心不全治療」と題して
お話を頂きました。

平日の夜にもかかわらず

たくさんの医療機関の方々にお越し頂きました。

本当にありがとうございました。



 
人気ブログランキングへ

2012年新入職員オリエンテーション

今週は新入職員を対象としたオリエンテーションが行われています。

医師や各科の部長、主任が講師となり、それぞれの部署の職務内容や
規則、仕事の流れを説明していきます。



こちらの写真は、網看護部長による講義の1コマです。

新入職員の皆さんは真剣に講義に耳を傾け、
重要な内容についてはそれぞれメモをとっています。



こちらは薬剤師の田中主任から、薬の扱いについての講義の1コマ。

病院では各科の円滑かつ迅速な連携が非常に重要ですから、
規則を守って連絡漏れのないようにしっかりした手続を覚えなければなりません。



こちらは放射線科の柴崎主任による講義の1コマ。
造影剤について一人一人細かく指導しています。

オリエンテーションで予め必要な知識を学び
それぞれの部署で業務にあたっていきます。
みなさんどうぞよろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM