お見舞いをされる方へ

入院中の患者さんのお見舞いに来られる方へ当院からお願いです。

・感染予防のため病室に入室する前には入り口にある消毒剤で
 手指の消毒をお願いします。

風邪、下痢、発熱、その他患者さんに感染する恐れのある方については
 ご遠慮下さいますようお願いします。

・集中治療室への面会は基本的にご家族のみ、かつ中学生以上の方に
 限らせていただいています。

   術後の患者さんは特に、感染に対する抵抗力が落ちていますので
   ご協力をお願いいたします。


・お菓子の差し入れは食事制限やカロリー管理の面から
 ご遠慮いただいています。
 
   当院にご入院されている多くの方には塩分、カロリー、蛋白質等の量を
   管理した治療食をお出ししております。
   治療の一環ですので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

・お花の差し入れについては感染予防のためご遠慮いただいています。
 
   お持ちになったお花は一時ナースステーションでお預かりし
   退院時にお渡しします。

・他の患者様へのご迷惑になるため多人数での面会はご遠慮下さい。

   一般病棟にご面会の方はディルームがございますので
   こちらをご利用ください。

・病院敷地内全面禁煙ですのでご協力お願いします。

面会時間は以下の通りですが、患者さんの病状によっては
面会をお断りする場合や時間を制限、または変更する場合がありますので
あらかじめご了承下さい。

綾瀬循環器病院・あやせ循環器クリニック
一般病棟 平 日 15:00〜20:00
     土 曜 15:00〜19:00
     日・祝 10:00〜19:00

綾瀬循環器病院
集中治療室 毎 日 8:00、12:00、18:00の各5分間


各病室には速乾式の手指消毒液が設置してありますので
消毒をしてから入室してくださるよう、ご協力お願いいたします。


人気ブログランキングへ

フウセンカズラと雨のしずく


久々のまとまった雨で、連日の猛暑も一休みという感じですね。
ただ、急な温度変化がある日は体調も崩しやすいので
皆さん気をつけてくださいね。

フウセンカズラの果実はふんわりと膨らんで
名前の通りまさしく、紙風船のような感じです。
見ていてかわいらしい感じですよ。
ホウズキより小さめな分、より愛らしい感じです。

水滴がついているフウセンカズラの写真をupしたら
綺麗かもしれないと思って、雨の中撮影してみました。
少しでも涼しさを感じて頂けたら幸いです。


人気ブログランキングへ

夏期休暇に伴う代診について(8月22日〜8月27日)

 来週は院長と富樫医師が夏期休暇となっております。

それに伴い来週は下記の通り代診となります。


8

22日(月) 3診 院長   → 田岡医師

23日(火) 午後 富樫医師 → 田岡医師

24日(水) 午後 糖尿病外来休診

25日(木) 6診 富樫医師 → 中村医師

26日(金) 1診 院長   → 梅津医師

27日(土) 1診 富樫医師 → 中村医師

以上の通りです。


来週8月24日(水)午後の糖尿病外来は休診となりますので、あらかじめご了承下さい。

毎日のように暑い日が続いていますが、体調を崩す原因となりますので

冷たい物の食べすぎ、また冷房のかけすぎには十分注意しましょう。



人気ブログランキングへ

熱中症に注意しましょう

 まだまだお盆休みの方も多いと思います。
出かける機会も多いと思いますが
今日も気温は30度を超えているようです。
熱中症には注意しましょう。

熱中症を疑う症状とは
・めまい、失神
・筋肉痛、筋肉の硬直
・大量の発汗
・頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感
・意識障害、痙攣、手足の運動障害
・高体温
などが上げられます。

日ごろから心がけておきたい事
・こまめに水分補給
・日傘や帽子をかぶる
・日陰を選んで歩く
・エアコンや扇風機を上手に使う
・打ち水をする
・すだれ、カーテンなど直射日光を防ぎ、風通しを良くする

またその日の体調に影響されるので、寝不足にならないよう気をつけたり
朝食はしっかりとるよう心がけましょう。

軽い脱水状態の時には、のどの渇きは感じません。
のどが渇いたと感じるときには脱水状態ともいえるので
暑いところへ出る場合は、あらかじめ水分補給をしておく事が大切です。

ビールなどのアルコール類は尿の量を増やし、かえって体内の水分を
排泄してしまうので水分補給は水やお茶、スポーツドリンクなどで補給しましょう。
汗をたくさんかいた場合は塩分も失われていますので、塩分の補給も必要ですが
高血圧や糖尿病のある方は主治医または管理栄養士に
夏場の水分補給についてご相談して頂くと良いと思います。

夏も後半になりました。まだまだ暑い日が続きますので
体調管理をしっかりと行い楽しく過ごしましょう。

当院は夏休みを交代でとっています。
海や山へ行き、日焼けして帰ってくるスタッフもいれば
実家でのんびりのスタッフ。はたまた初めての海外へなど
それぞれ充実した夏休みを満喫しているようです。
夏の思い出の話を休憩時間中にするのも楽しいですが
お土産のお菓子も楽しみ。いろいろな銘菓が食べられます♪



うさぎの形をしたみたらし団子です。京都に旅行に行ったスタッフからの
差し入れです。お昼休みにみんなで美味しく頂きましたー。




人気ブログランキングへ

腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を行いました

 

綾瀬循環器病院では腹部及び胸部大動脈瘤に対する
ステントグラフト内挿術を行っています。

今日は腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を行いました。

足の付け根(ソケイ部)を数センチ程切開し、大腿動脈から
バネ付のステントグラフトという人工血管を挿入し
破裂を予防する治療法です。


手術は心臓カテーテル検査室で行われ
モニターを見ながら慎重にステントグラフトを
挿入して行きます。
直径7-8mmの管を通して大腿動脈からステントグラフトを挿入します。
動脈瘤の前後の正常な血管にステントグラフトを固定し
動脈瘤の内部に血流が通わないようにして破裂を防ぐという
治療法です。


人工血管置換術よりも手術侵襲が格段に少なく
早くに歩行や食事が可能となります。
ステントグラフト内挿術の適応は大動脈瘤の大きさや
位置、形、年齢、病状などにより判断されます。
詳しくは主治医までご相談ください。

人気ブログランキングへ

夏季休暇に伴う代診について(8月15日〜8月20日)

 710日から911日まで交代制で夏期休暇を頂いております。

今回は来週1週間の予定をお知らせします。

来週は院長と副院長が夏季休暇となります。

それに伴い下記の通り代診となります。


8月

15日(月) 3診 院長   → 田岡医師

16日(火) 3診 副院長  → 中村医師

17日(水) 夜間  副院長    → 中村医師

18日(木) 3診 副院長      → 建部医師

19日(金) 1診 院長   → 富樫医師

20日(土) 1診 院長   → 建部医師


以上の通りです。当院はお盆期間中も通常通り外来診察を行っております。

なお、救急患者さんの対応や緊急手術などで担当医及び代診の先生が

変更になる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。



人気ブログランキングへ

フウセンカズラの果実


その名前のとおり風船のような果実が実りはじめました。
これから2、3日で膨らんでまさに紙風船のようになるようです。

blogの写真をご覧になった方より、フウセンカズラの花の
大きさについてご質問がありましたので、お答えしますと
花はとても小さいです。5mmくらいでカスミソウの花のようなと
言いますか素朴なお花です。
(小さい上に、風に吹かれてゆらゆらと揺れるのは見ていて
かわいらしいのですが、デジカメで写真を撮るのが意外と大変で
カメラ泣かせのお花でしたー)

ということはこの紙風船のような果実の大きさはだいたい
3cmくらいになります。


患者さんから頂いたほおずき(鬼灯・酸漿)もハーブガーデンで大切に
育てています。ほおずきは小さな赤い提灯を意味するようですが
赤くなったほおずきは、そんなイメージですよね。


人気ブログランキングへ

ゴーヤ成長記録 2011.8月


前回写真撮影したゴーヤ はいつの間にか収穫され
しばらく葉のみの状態でしたが、再び花が咲き始め
小さな実がなりました。
現在、葉は天井まで伸びてこの花も見上げる高さで咲いています。


2週間もすると食べごろの大きさになるようなので
今度は収穫する前に写真を撮る予定です。



人気ブログランキングへ

心臓カテーテルセンターのご紹介


昨年の10月1日より綾瀬循環器病院1階に外来患者さん専用の
心臓カテーテルセンターを開設しています。

以前は1泊入院して頂いていた心臓カテーテル検査を
日帰りでも検査が出来るようになりました。

仕事が忙しくて入院出来ない方
お子さんの手が離せない方
家を長時間空けられない方などは、日帰りカテーテル検査をご利用
頂ければ、検査にかかる拘束時間が短くて済みます。

(日帰りカテーテル検査適応かどうかは主治医とよくご相談ください)

午前8時30分と通常より30分程度、早めに来院して頂き
カテーテル検査を行い、検査終了後すぐに医師からの説明を受け
夕方には帰宅できるシステムとなっています。


ベットはありませんが、リクライニングできる椅子をご用意し
TVも設置してあるので検査前後ともにゆったりと過ごして頂けます。
看護師が常に待機し、患者さんのサポートを行いますので
安心して検査を受けて頂くことができます。

当院では年間1000件以上のカテーテル検査を施行しており
日帰りカテーテル検査は250件前後の方に施行しています。

これからも安全に快適に検査を受けて頂けるようスタッフ全員で
業務にあたっていきます。




 
人気ブログランキングへ

閉塞性動脈硬化症の検査〜血圧脈波検査


「手足が冷たい」「手足がしびれる」「歩くとふくらはぎに痛みが出る」
などの症状がある方は、一度動脈硬化の有無のチェックをお勧めします。

動脈硬化とは動脈の血管壁にコレステロール等の脂質が沈着し
血管が弾力を失い、硬化し血管が狭くなり循環障害が起きている状態をいいます。

動脈硬化が進行すると狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの原因と
なります。上記の症状がある方は「閉塞性動脈硬化症」が疑われます。

動脈硬化を調べる検査の1つに「血圧脈波検査」があります。
両手、両足首の4ヶ所を同時に測定する検査で、殆ど痛みはありません。



ABI:足関節の血圧/上腕血圧比
通常は下肢の血圧は上腕の血圧と同じか、少し高いのですが
足の動脈が脂質等で詰まっていると血流が悪くなり、上腕の血圧より
血圧が低くなりABIの値が低くなります。
0.9以下となると動脈硬化が疑われます。

PWV:脈波伝播速度
心臓から押し出された血液により生じた拍動(脈波)の伝わる速度
(腕から足首まで)を測定する検査で血管のしなやかさを測定します。
血管がしなやかな場合は、拍動(脈波)が血管壁で吸収されてスピードが遅くなり
血管が硬化している場合は、拍動(脈波)が吸収されないためスピードが速くなります。

2つの検査を行って約10分程度の検査となります。

当院ではこの検査の他に、更に精密な検査としてCTでの造影撮影や
心臓カテーテル検査室での下肢動脈造影が可能です。

検査をご希望の場合は診察時に主治医までご相談ください。


 
人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM