綾瀬循環器病院との病診連携の会〜糖尿病性腎症を考える〜

10月6日千葉県循環器病センターの平井愛山先生と、当院と連携している近隣の先生方をお招きし病診連携の会を開催しました。

 

糖尿病を患っている患者さんの重大な合併症として網膜症(目が見えなくなる)、腎症(腎不全や透析へ)、神経障害(感覚麻痺から最悪の場合切断が必要)が知られています。他にも糖尿病による危険がある病気はたくさんありますが、今回はその中でも糖尿病性腎症に焦点を当てて講演をいただきました。

透析が必要な患者さんの多くは糖尿病が原因となっています。その透析を導入となる前になんとかしようとする研究をされているのが平井先生です。

糖尿病性腎症の患者さんが透析を回避するためには医療機関にかかり、腎臓の保護薬をもらうことも大事ですが、その薬の効き目を左右させるのが食事です。特に塩分が多いと腎臓の保護薬の効き目は0(ゼロ)になると講演でおっしゃっていました。同じ治療法でも減塩を徹底した患者さんは透析を回避できた方がかなり増えたとのことです。

 

糖尿病や腎症がなくても塩分過多が血管系に与えるダメージはかなり大きいようです。日頃から減塩を心がけ、1日の塩分摂取量を10g未満にするとよさそうです。

平井先生、大変貴重な講演誠にありがとうございました。


綾瀬循環器病院でTAVIがスタート(その1)

当院ではAS(大動脈弁狭窄症)に対する治療としてTAVI:経カテーテル大動脈弁治療(Transcatheter Aortic Valve Implantation)がスタートいたしました。

 

TAVIとはカテーテルを用い心臓の弁を留置する手術法で、通常の外科手術が困難で治療をあきらめなければならない患者さんの根治治療が可能となる治療法です。これにあたり当院では様々な医療スタッフで構成されるハートチームが結成されました。

 

※TAVIに関する詳しい情報につきましてはこちらを参照ください http://tavi-web.com/

 

 

弁をカテーテルに取り付け、透視・エコー等を使用し目的の場所で拡げて弁を留置します。

 

今後も患者さんとってよりよい治療が行えるよう努力してまいります。


2016年10月新入職員です

 

2016年10月の新入職員です。
オリエンテーションでの記念撮影です。

 

綾瀬循環器病院が昨年9月に新築移転して1年が経ちました。
病床数が増えましたが、そのぶん質の高い医療を提供できるよう
スタッフも増えました。

 

新しいスタッフ共々、今後も皆で力を合わせて頑張っていきますので
よろしくお願いします。
 


職場体験でいらした生徒さんからお礼のお手紙を頂きました

 

先日、職場体験で綾瀬循環器病院にいらした生徒さんから
お礼のお手紙を頂きました。

 

職場体験学習を通じて、病院のお仕事を知って頂けたようでなによりです。

当院での体験が将来の夢を探す手助けになればと思っています。
これからも頑張ってください。
 


中学生の職場体験学習

 

近隣の中学校の生徒さんが職場体験学習として当院へいらっしゃいました。
2日間に渡って病院内の様々な業務を体験してもらいました。
 

写真は、AEDの操作をしている様子です。

練習用人形を使用して、声掛けから始まり、呼吸確認、心臓マッサージ、

AEDの使用といった救命処置の一連の流れを体験しています。

 

生徒さんには、この体験学習を機に医療機関の業務について

興味を持って貰えればと思っています。

 


消防訓練

 

本日は消防訓練を行いました。

写真は消火ホースの使い方を説明しているところです。

 

最近入職した職員が集合し、消化器の場所、防災パネルのチェック、

消化器の使い方、ストレッチャーを担架として使用する方法など、

火災が発生した時に職員はどう速やかに行動するべきかを、

徹底的に覚えてもらいました。


グリーンカレー

 

 

本日の職員向け昼食メニューはグリーンカレーでした。

程よい辛さが、厳しい残暑でバテ気味の身体をピリッと刺激してくれました。

 

 

〜管理栄養士よりコメント〜

グリーンカレーとは、香辛料やハーブをペースト状にして炒めて、

ココナッツミルクや魚醤で味を調え、緑のとうがらしで辛みをつけたカレーです。

見た目は緑ですが、とっても辛いカレーです。

 

グリーンカレーは特にルウやバターを使っていないので、低糖質、低糖質で

ヘルシーな料理です。

 

また、牛乳の代わりにココナッツミルクを使っているので糖分が少なく

代わりに必須脂肪酸が多いカレーです。特に女性にうれしい美肌、きれいな髪、

アンチエイジングに効果があるとされ、世界から注目されている食材になります。

 

更にカレーには香辛料が多く含まれていて食欲増進、冷え症、かぜ予防、疲労回復、

二日酔いにも効果があるので暑い夏を乗り切るにはぴったりの料理になります。

 

みなさんもカレーを食べてこの暑い夏を乗り越えましょう!!

 


The 7th china IVUS Academy Advanced Training Course

 

2016年8月1日から3日、中国の上海復旦大学で行われた

Dr.Gary MintzとBoston Scientific社主催の

”The 7th China IUVS Academy Advanced Training Course"

循環器内科医長の高瀬先生が座長およびコメンテーターとして参加されました。

 

 

当院では経皮的冠動脈形成術(PCI)を行う場合、IVUS(血管内超音波検査)を

ほぼ行い、血管内部の断層画像をリアルタイムで見ながらより安全な

PCIを行っています。今回はその経験をふまえPCI施行時のIVUSの有効性について

発表をしてきました。

 

 

 

 

無事、発表を終えてほっと一息。

 

 

Dr.Gary Mintz先生と記念撮影

 

 

会場の復旦大学付属中山医院前にて。


ハートディサービスセンター オープン


医療法人社団 栄悠会グループの1つであるハートディサービスセンター。

 

そのハートディサービスセンターの谷中店と水元店が統合しまして
2016年8月1日に足立区大谷田にてオープンしました。

 

 

 

機能回復訓練を通じて高齢者の方がの体力・身体能力を回復し、

日常的な生活を可能な限り自立して送ることができますよう

これからもサポートしてまいります。

 

どうかよろしくお願いします。

 

《 ハートデイサービスセンター 》

 http://www.ayaseheart.or.jp/abrain/

 


第9回城東循環器疾患治療懇話会が開催されました

 

先日、第9回城東循環器疾患治療懇話会が浅草ビューホテルにて開催されました。

 

 

当院からは心臓血管外科医長 建部祥先生より「当院のモービルCCUについて」と

題して講演が行なわれました。

 

また、特別講演として武田病院健診センター所長 京都大学医学部臨床教授

桝田出先生より

「SGLT2阻害剤の多面的な影響を生かした糖尿病大血管症管理

 〜TAKEDA−INSIGHT studyからの考察〜」

と題して講演が行なわれました。

 

各方面から多数の先生方のご出席を頂き、とても有意義な懇話会となりました。
 



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM