定例勉強会〜急性大動脈解離



本日の定例勉強会は、心臓血管外科の田岡医師による
「急性大動脈解離」についてでした。

講義は、急性大動脈解離の基本的な知識の確認から始まり、
病態と症状、治療方法、看護・術後管理のポイント等について、
図解や統計、実際の症例を交えてとても分かりやすく解説して頂きました。


人気ブログランキングへ

栄養科だより2012.12 〜大根〜



大根は古くから栽培されている伝統的な野菜のひとつです。
代表的な栄養素はビタミンCと消化酵素のジアスターゼです。

ビタミンCは葉に多く含まれ、その他カロテンやカルシウム、食物繊維も豊富です。
一方、ジアスターゼは白い根の部分に多く含まれ、消化を助けてくれるので、
胃もたれ・胸やけにも効果的です。
また、大根の辛味成分には抗がん作用もあります。

大根は先端にいくほど辛味が強くなります。
葉・根元・先端のそれぞれの特徴に合った料理にすると
より美味しく食べることができます。

例えば、甘い根元はサラダ、中間部は煮物、
先端部はおろしや薬味にすると美味しいです。

大根は通年出回っている野菜なので、病院食でもよく登場します。
今の時期は、おでんやなますなどを提供しています。
(写真は病院食そのままではなくブログ用に盛り付けしたものです)



人気ブログランキングへ

クリスマスツリー2012

綾瀬循環器病院のツリー

あやせ循環器クリニックのツリー

今年も綾瀬循環器病院・あやせ循環器クリニックに
クリスマスツリーが登場しました。
病院は2階のラウンジ、クリニックは2階の休憩室に飾られています。

気分転換される患者さんや、お待ち頂くご家族様の
目の保養になればと願っています。


人気ブログランキングへ

定例勉強会〜ステントグラフトについて


本日の定例勉強会は、心臓血管外科の遊佐医師による
「ステントグラフト」についてでした。

まず、治療の対象となる動脈瘤についての知識の再確認から始まり、
ステントグラフトの形状と使用法についての説明され、
現在ステントグラフトを使用した治療が、
・身体に負担の少ない治療法として注目されていること。
・治療の対象者を広げ、動脈瘤治療の底上げを行っていること。
等について、講義をして頂きました。

さらに、症例を示し、ステントグラフトの使用時の注意点や、
術前から退院後までの退院後までの気を付けるべきことの説明を受けました。
とても密度の高い勉強会でした。


人気ブログランキングへ

師走のハーブガーデン

12月に入り、めっきり寒くなりましたね。

夏は賑やかだったハーブガーデンの花々もやや大人しくなりましたが、
今は冬のガーデンを彩る花が静かに咲いています。



ビオラです。
パンジーに比べてやや小さく、かわいらしい花を咲かせてくれます。


アメジストセージは今も綺麗に広がっています。
触るとふんわり柔らかそうな花びらですね。


薬局の藤田さんが感染制御認定薬剤師の認定を受けました

 

薬局の藤田さんが、日本病院薬剤師会から感染制御認定薬剤師として
認定を受けました。

感染制御認定薬剤師とは、日ごろから病院施設内で感染症を広げないことを
目的として活動する院内感染対策チームの一員としての薬剤師です。

藤田さんからコメントを貰いました。
「当院では、感染対策を含む医療提供に際し、様々な職種の医療従事者が
 携わっております。

 今回の認定は、『当院のチーム医療としての取り組み』が評価されたもの
 と思っています。

 認定を受けることが、目的やゴールではありませんので、今後も更に知識を
 深め、感染制御の面からより一層医療に貢献できるよう努力していきます」


薬局実務実習生2012

 

綾瀬循環器病院で2.5ヶ月の薬局実務実習を終えた薬学生さんです。
慣れない現場を経験し、一段と成長したお二人にコメントを頂きました。

「綾瀬循環器病院で実習ができて、本当に良かったと思います。
 ありがとうございました」
「薬剤師の業務を学ぶだけでなく、人間としても成長できました」

お二人ともお疲れ様でした。
患者さん思いのしっかりした薬剤師さんになられるよう応援しています。


人気ブログランキングへ

第4回東京CTO研究会で症例報告をしました


2012年11月8日六本木アカデミーヒルズで行われた
第4回東京CTO研究会に当院の朴沢英成循環器内科部長が参加され
治療に難渋したCTO−PCI症例報告として
「10mm程度の短いCTO(慢性完全閉塞病変)に
triple wire technique(トリプルワイヤテクニック)が必要だった症例」 
と題して症例報告を行いました。

PCI:経皮的冠動脈形成術は狭心症や心筋梗塞に対し
ガイドワイヤー(細い針金)やバルーンカテーテル(風船がついた管)などを
使用し、冠動脈が狭窄した部分を拡張する手術です。
風船による拡張が不十分な場合はステント(網目状の金属の筒)を
冠動脈が狭窄した部分に留置し血流を確保します。

PCIは新しいデバイスも次々に発売され、また執刀する先生方も
日々より良い治療法を求めて研鑽されており、様々な学会を通して
発表されております。
当院では学会に積極的に参加し、最新の医療についての情報共有を
行っております。また学会等で発表を行いましたら
blogにてご報告します。



人気ブログランキングへ

第3回城東糖尿病・心血管病研究会が開催されました



先日、浅草ビューホテルで第3回城東糖尿病・心血管病研究会が
開催されました。

綾瀬循環器病院からは、循環器内科部長 朴沢英成医師が
「糖尿病患者の虚血性心疾患の特徴」と題して講演を行いました。



また、特別講演として、
東京女子医科大学 中央検査科 糖尿病センター 佐藤麻子先生に
「最近の糖尿病治療の動向」と題してお話を頂きました。

近隣の医療機関の先生だけでなく、他の職種の方々にもお越しいただいて
とても有意義な研究会となりました。
ありがとうございました。




人気ブログランキングへ

定例勉強会〜不整脈について



本日の定例勉強会は、野崎副院長による「不整脈」についてでした。 

抗不整脈薬について、心電図の原理と説明、心臓の刺激伝道路について、
不整脈の治療法、ペースメーカーと植込み型除細動器についての説明等
不整脈に関する講義内容で、とても勉強になりました。


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM