97歳の方に発作性心房細動に対するカテーテル心筋冷凍焼灼術を施行しました

 

クライオアブレーションというのは風船(クライオバルーン)を

4本の肺静脈に押し当て、亜酸化窒素をマイナス40℃〜50℃まで

冷却し悪さをしている不整脈の細胞を冷凍し治療するカテーテル治療です。

 

従来のアブレーションより低侵襲かつ短時間で出来るため

発作性心房細動をお持ちの御高齢の方でも治療が受けられます。

 


 

2018年6月25日に当院の高瀬医師が97歳という御高齢の患者様に対し

クライオアブレーションを施行いたしました。

もともとお元気な方で公共のバスを使ってお一人で通院されていた方ですが

今回、発作性心房細動で2回の心不全を起こしたため、御本人・御家族の

御希望により治療を行いました。

 

 

治療は無事に終了し、今は正常の脈を維持となりました。

翌日から病棟で歩行リハビリを開始しています。


第32回 足立循環器フォーラム

 

昨日6月21日、足立区医師会館において
第32回 足立循環器フォーラムが開催されました。

 

一般演題
【座長】くめ内科クリニック 院長 久米 誠人先生
【演者】木内医院 院長 木内 要先生
    『大動脈弁狭窄症の基本』

 

特別講演
【座長】綾瀬循環器病院 院長 丁 毅文先生
【演者】綾瀬循環器病院 循環器内科主任医長 高瀬 哲郎先生
   『大動脈狭窄症の新しい治療
     からだにやさしい心臓手術〜TAVI〜】

 

一般講演では木内先生が、大動脈弁狭窄症の基本を
わかりやくご講演をして頂きました。

 

特別公演は当初は心臓血管外科主任医長の遊佐裕明先生が
発表予定でしたが当院で緊急手術になりまして、急遽

高瀬主任医長の発表となりました。

 

 

当院でおこなっているTAVIについての解説、実例報告、
海外、国内のスタディー、そして今後の展望について
報告されました。

 

講演1時間前に急遽講演というお話になったにもかかわらず、
非常に分かりやすく最新の海外の情報も織り交ぜながらの内容

でした。

 

ご出席いただいた先生方からも質問が多数寄せられまして

盛会となりました。高瀬先生お疲れ様でした。

 


中村先生 田川先生が東京消防庁から消防総監感謝状を頂きました

 

 

循環器内科 中村龍太先生 と 麻酔科 田川学先生が東京消防庁から消防総監感謝状を頂きました。

 

中村先生と田川先生は東京メトロ千代田線車内で心肺停止に陥って倒れた方に遭遇して救命活動をしました。その後、都内の病院へ搬送され一命を取り留めたとのことです。

 

循環器内科医長 中村 龍太先生

 

麻酔科医 田川 学先生

 


2018年4月新入職員です。よろしくおねがいします


2018年4月の新入職員です。
 

これからも皆さんにご満足いただける医療を提供できるように

新しいスタッフとともに力を合わせて頑張っていきます。


よろしくお願いします。
 


定期勉強会 医療安全・感染対策

 

先日は外部から講師をお招きして
『医療安全』と『感染対策』についての勉強会が行われました。

 

医療安全については、具体的な事例を見て

どのような対応をすべきだったか、

類似事例を防ぐためにはどのような予防策が必要かを考えました。

 

感染予防については、今冬猛威を振るっているインフルエンザを中心に

医療従事者として普段から注意すべきことを改めて確認する機会となりました。

 


あけまして おめでとうございます

 

本年も宜しくお願い申し上げます

 

<通常外来診療>
外来診療は、1月5日(金)より行います


第37回東京CCU研究会が開催されました

2017年12月2日 千代田区にあるステーションコンファレンス東京にて

第37回東京CCU研究会が開催されました。

 

(開会の辞を述べている院長)

 

(ポスター発表のリハビリ科 高良さん)

 

(ポスター発表の救急科 鳥名木さん)

 

(討論中の三俣先生)

 

(シンポジウムに参加した青見先生)

 

(シンポジウムの座長中の院長先生)

 

多数の参加を頂き、無事盛会の中終えることが出来ました。

皆様、お疲れ様でした。またありがとうございました。

 


幸福の木の開花

 

あやせ循環器リハビリ病院の1階受付前にある幸福の木(ドラセナ)が

綺麗な花を咲かせました。

 

 

日中の受付カウンターからは蕾が見えなかったのですが、

薄暮になってつよく漂う芳醇な香りが気になり見回したら

こっそり咲いています。

 

ここ数年は咲いているのを目にすることができませんでしたが

今年は幸運にも見ることが出来ました。

 

なんだか良いことがありそうです。


丁院長先生のバースデイ

 

11月14日は丁院長先生の50歳のバースデイです。

皆でサプライズのお祝いを企てました。


 

職員が食堂にこっそり集合して丁院長先生が入ってきたところで

野崎院長先生がアコーディオン、高瀬先生がフルートを美しく奏で

皆でハッピーバースデイを大合唱。

 

 

サプライズのお祝い大成功。

 

左から

 野崎 直樹院長先生(あやせ循環器リハビリ病院長)

 丁 毅文院長先生(綾瀬循環器病院長)

 高瀬 哲郎先生(循環器内科主任医長)

で1枚パチリ。

 

丁院長先生、お誕生日おめでとうございます。


心房細動アブレーション電位指標による肺静脈隔離のLive Case demonstration

 

当院で初めて国際アブレーションワークショップを行いました。

インド・パキスタン・ベトナム・タイ等5カ国の医師及び

コメディカルのスタッフが参加しました。

高瀬医師の心房細動のアブレーション症例の見学後

アブレーションストラテジーについて熱い議論が交わされました。

 

 

電位指標肺静脈前庭部隔離術は日本初のやり方であり

皆さんはかなり関心を持たれたようです。

今後もこのような企画を通して当院から発信していき

医療技術の発達に貢献できればと思います。

 

 



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM