日本脈管学会Newsletterに遊佐裕明先生執筆の綾瀬循環器病院 施設紹介が掲載

日本脈管学会 Newsletter No.27(2018年9月号)に

当院 心臓血管外科主任医長 遊佐裕明先生が執筆された

綾瀬循環器病院の施設紹介(12頁目)が掲載されています。

 

一般社団法人 日本脈管学会( http://j-ca.org/wp/


2018年10月の新入職員です。よろしくお願いします。

 

2018年10月の新入職員です。

オリエンテーションの合間に理事長・院長を交えて記念撮影です。

 

みなさん、どうぞよろしくおねがいします。 


職場体験で来てくれた生徒さんからお礼のお手紙

 

9月上旬に職場体験で綾瀬循環器病院に来てくれた中学校の生徒さんから

お礼のお手紙をいただきました。

 

生徒の皆さんは医療機関の職務を体験して様々な気付きを得てくれましたが、

その中でも挨拶と笑顔の大切さにしっかり気付いてくれたようです。

 

この2つを大切にする気持ちはどの職場に行っても必要ですので、

これからも忘れないでいてしてほしいと思います。頑張ってください。

 


タイ循環器学会に参加しました

2018年9月6日(木)当院の循環器内科 高瀬 哲郎医師が

チェンマイにて開催された「タイ循環器学会総会」に2年連続で

演者として招待されました。

 

 

昨年のテーマは当院が以前から最も取り組んでいる

「心筋梗塞の急性期治療と東京都CCUネットワークについて」でしたが

今年の論題は「日本における安定狭心症の虚血評価法及びカテーテル治療(PCI)」で

カテーテル治療時に使用される最新型のワイヤーや冠動脈プラーク切削デバイス(DCA等)の

使用について紹介し現地の先生の関心を集めました。

 

 

 


中学生職場体験〜お礼のお手紙を頂きました

 

先月の職場体験学習で綾瀬循環器病院、あやせ循環器クリニック

にいらした中学生からお礼のお手紙を頂きました。

 

ありがとうございます。

 

職場体験を通じて医療系の仕事を学んでいただけたようでなによりです。

特にクリニックの受付の仕事が大変だったそうです。

 

この機会が将来の進路の選択肢を増やす機会になれたならば嬉しいですね。


あやせ循環器クリニックに受付機・自動精算機を導入しました

あやせ循環器クリニックに、2018年7月2日(月)から

受付機、自動精算機、診察・会計・お薬渡しの待受表示モニターを設置しました。

 

 

受付機はクリニック入口のすぐ右手に2台並んでいます。

 

予約のある患者さんは、お持ちの診察券を受付機に入れて

印刷される受付票をお持ちになることで

受付窓口を通ることなく受付をすることができます。

 

操作でお困りの患者さんは、受付窓口にお声掛け頂けますと職員がすぐ参ります。

 

 

上記の患者さんは恐れ入りますが受付窓口までお越しください。

そのほかお困りの患者さんもお声掛け頂けますと窓口で職員が対応します。

 

 

診察室の前には患者さん待受表示画面を設置しました。

受付でお渡しする受付票に書かれている番号を表示します。

 

もちろん表示するだけではなく、診察室の医師がマイクでアナウンスしますので、

画面をずっと見ていなくても大丈夫です。

 

 

自動精算機はクリニック1階お薬渡しカウンターの左側に2台設置しています。

自動精算機はクレジットカード(VISA・Mastercard)に対応しています。

 

右上のモニターは 会計待ちの患者さんの受付番号

左上のモニターは お薬渡し待ちの患者さんの受付番号

を表示しています。

 

操作でお困りの患者さんはお近くの職員へお声掛けください。

慣れない患者さんには職員が窓口で対応しますので、どうぞお越しください。


中学生職場体験

 

職場体験学習として、近隣の中学校の生徒さんがいらっしゃいました。

 

写真は綾瀬循環器病院で救急救命処置の講習をしている様子です。
実習で使用する人形を用いて心肺蘇生の体験と、AEDの使い方

及び使用するにあたり注意しなければならないことを学んでもらいました。

 

参加した生徒さんからは、予習をきちんとしていらっしゃったようで

しっかりした受け答えに担当していた救命救急士も驚いていました。

 

生徒さんには、この体験をきっかけに医療現場に興味を持ってもらえたら

と思っています。

 


97歳の方に発作性心房細動に対するカテーテル心筋冷凍焼灼術を施行しました

 

クライオアブレーションというのは風船(クライオバルーン)を

4本の肺静脈に押し当て、亜酸化窒素をマイナス40℃〜50℃まで

冷却し悪さをしている不整脈の細胞を冷凍し治療するカテーテル治療です。

 

従来のアブレーションより低侵襲かつ短時間で出来るため

発作性心房細動をお持ちの御高齢の方でも治療が受けられます。

 


 

2018年6月25日に当院の高瀬医師が97歳という御高齢の患者様に対し

クライオアブレーションを施行いたしました。

もともとお元気な方で公共のバスを使ってお一人で通院されていた方ですが

今回、発作性心房細動で2回の心不全を起こしたため、御本人・御家族の

御希望により治療を行いました。

 

 

治療は無事に終了し、今は正常の脈を維持となりました。

翌日から病棟で歩行リハビリを開始しています。


第32回 足立循環器フォーラム

 

昨日6月21日、足立区医師会館において
第32回 足立循環器フォーラムが開催されました。

 

一般演題
【座長】くめ内科クリニック 院長 久米 誠人先生
【演者】木内医院 院長 木内 要先生
    『大動脈弁狭窄症の基本』

 

特別講演
【座長】綾瀬循環器病院 院長 丁 毅文先生
【演者】綾瀬循環器病院 循環器内科主任医長 高瀬 哲郎先生
   『大動脈狭窄症の新しい治療
     からだにやさしい心臓手術〜TAVI〜】

 

一般講演では木内先生が、大動脈弁狭窄症の基本を
わかりやくご講演をして頂きました。

 

特別公演は当初は心臓血管外科主任医長の遊佐裕明先生が
発表予定でしたが当院で緊急手術になりまして、急遽

高瀬主任医長の発表となりました。

 

 

当院でおこなっているTAVIについての解説、実例報告、
海外、国内のスタディー、そして今後の展望について
報告されました。

 

講演1時間前に急遽講演というお話になったにもかかわらず、
非常に分かりやすく最新の海外の情報も織り交ぜながらの内容

でした。

 

ご出席いただいた先生方からも質問が多数寄せられまして

盛会となりました。高瀬先生お疲れ様でした。

 


中村先生 田川先生が東京消防庁から消防総監感謝状を頂きました

 

 

循環器内科 中村龍太先生 と 麻酔科 田川学先生が東京消防庁から消防総監感謝状を頂きました。

 

中村先生と田川先生は東京メトロ千代田線車内で心肺停止に陥って倒れた方に遭遇して救命活動をしました。その後、都内の病院へ搬送され一命を取り留めたとのことです。

 

循環器内科医長 中村 龍太先生

 

麻酔科医 田川 学先生

 



カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM