ゴーヤの胡麻マヨ和え


先日収穫したゴーヤをお昼のサイドメニューとして
職員で頂きました。

ゴーヤにはビタミンA、ビタミンC、食物繊維などの栄養が豊富で、
特にビタミンCは100g中に76mgと多く含まれています。
そのため免疫力を強化し、糖尿病やガンの予防になります。
また、ゴーヤの特徴でもある苦味成分は整腸作用や食欲増進作用もあります。
さらにゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いので、火を通しても
ほとんど失われず、ゴーヤチャンプルなどの炒め物にしても
しっかりと摂取することが出来ます。

今回は当院の管理栄養士が悩みに悩んで
「ゴーヤの胡麻マヨ和え」を作りました。
苦いのが苦手という方でも食べやすいように、ツナとマヨネーズで
濃い味付けにしてみました。

作り方はゴーヤを縦半分に切り中の種を取り、スライスしたら
塩揉みをしてきます。パプリカも同様に種を取りスライスしておきます。
ゴーヤとパプリカをさっと茹でて水に取ります。
よく水を切り、ツナ缶と混ぜ、すり胡麻・マヨネーズで和え
コショウで味を調えたら出来上がりです。

ぜひ、皆さんも試してみてください。


 
人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM