腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を行いました

 

綾瀬循環器病院では腹部及び胸部大動脈瘤に対する
ステントグラフト内挿術を行っています。

今日は腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を行いました。

足の付け根(ソケイ部)を数センチ程切開し、大腿動脈から
バネ付のステントグラフトという人工血管を挿入し
破裂を予防する治療法です。


手術は心臓カテーテル検査室で行われ
モニターを見ながら慎重にステントグラフトを
挿入して行きます。
直径7-8mmの管を通して大腿動脈からステントグラフトを挿入します。
動脈瘤の前後の正常な血管にステントグラフトを固定し
動脈瘤の内部に血流が通わないようにして破裂を防ぐという
治療法です。


人工血管置換術よりも手術侵襲が格段に少なく
早くに歩行や食事が可能となります。
ステントグラフト内挿術の適応は大動脈瘤の大きさや
位置、形、年齢、病状などにより判断されます。
詳しくは主治医までご相談ください。

人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM