臨床上重要な胸部X線写真の所見〜定期勉強会


今月の定例勉強会は循環器科 富樫幸太郎先生による
〜臨床上重要な胸部X線写真の所見〜
についての勉強会でした。
看護部、検査技師、薬剤師、事務部門も参加しての勉強会です。

心電図と共に胸部レントゲンは当院で最もオーダーの多い検査なので
まず正常な胸部レントゲン写真の説明から始まり
レントゲン写真で確認する項目をはじめ
胸水が貯留したレントゲン写真
気胸のレントゲン写真
急性心不全のレントゲン写真など各疾患がレントゲン上で
どのように写るのかや、SWAN-GANZカテーテルや透析用のカテーテルを
留置した場合、レントゲン上での正しい位置などの説明がありました。

レントゲン写真1枚からたくさんの情報が読み取れることがわかる
勉強会でした。

今後も定期的に勉強会の様子をupしていきます。




 
人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM