SLENDER CLUB JAPAN Live Demonstraion & Annual Meetng 2017 in TOKYO

 

2017年4月14日から16日の3日間、品川プリンスホテルにおいて

「SLENDER CLUB JAPAN Live Demonstraion &

    Annual Meetng 2017 in TOKYO」が開催されました。

 

本研究会は、患者さんの体への負担のより少ない

低侵襲循環器治療を研究する会で、今年で10年目になります。

この分野は世界中で注目されており、年々海外からの参加者が増え続けています。

 

 

この中で、当院の宇野欣秀内科医長

「新しい立体形状の細いカテーテルを用いた治療」

ビデオセッションの座長を務め、この治療法の利点・注意点に

ついて討論を行いました。

 

この分野は日本が世界をリードしていますが、今回の研究会では

オランダのキムニー先生が全く新しいアプローチを発表され

皆の関心を集めました。

 

また、久留米大学の上野高史教授は、今後日本での普及が期待されている

生体吸収性スキャホールドの思わぬ血管への影響を提示され

注意喚起を行いました。

 

この他、医師・看護師・放射線技師等のセッションで

いかに患者さん・医療スタッフに

対する負担を軽減するかについて議論が行われました。

 

当院では今後とも研究会等で得た最新の知識の元、患者さんに

優しい循環器医療に力を入れていきます。



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM