CCT2015に参加しました。


2015年10月29日に神戸国際展示場で開催された
CCT2015に朴沢英成循環器内科部長がランチョンセミナーの座長として参加されました。



今回は「当院における抗血小板治療の現状とカテーテル治療の実際」として
PCI後には必ず服用が必要となる抗血小板薬をいつまで服用し続けるのが
ベストなのかということを検討したそうです。

治療した冠動脈の状態(石灰化が強かった等)や患者さんがお持ちの
糖尿病や脂質異常症などの他の疾患も含め、いろいろなケースがありますので
大規模臨床試験の結果などを踏まえながら、今まで治療された患者さんの
経験談などを話し合い大いに盛り上がったそうです。



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM