雨池先生が執筆されたCase Reportのご紹介

当院、循環器内科の雨池典子先生が執筆し
循環器内科部長の朴沢英成先生が監修された症例報告が
「Export Advanceの臨床使用における有効性」と
題して、全国の医療機関へCase Reportとして配布されていますので
ご紹介します。



今回は急性心筋梗塞で当院へご紹介され、緊急で心臓カテーテル検査を
行い、冠動脈に存在していた血栓を、血栓吸引カテーテルを用いて
治療を行った症例を紹介しています。



左上の写真でもわかるように、多量の血栓が吸引され
無事、血流が再開できました。

またCase Reportが発表されましたらご紹介します。



 
人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM