六本木ライブデモンストレーション2013

013年6月22日 六本木アカデミーヒルズ49で開催された
「六本木ライブデモンストレーション2013」
朴沢英成循環器内科部長がコメンテーターとして参加されました。



(1番左側が朴沢先生です。)

当日は15:30〜17:30の予定が18:15まで延長して熱い議論が交わされたそうです。
今回はCTO病変(慢性閉塞性病変)に対しての「DES選択の時代」ということで
現在発売されているDES(薬剤溶出ステント):drug-eluting stentの
様々な特徴を踏まえて議論されたそうです。

その名前のとおりDESは薬剤をステント表面に塗布した冠動脈ステントで
塗布された薬剤が徐々に血管壁に放出され再狭窄を予防する働きをします。

塗布される薬の種類も増え、かつステントの網目の部分も
メーカーにより工夫を凝らした製品が作られており
新製品も次々に発売され、DESが使われ始めた頃に比べ
かなり選択肢が増えました。留置後の成績も学会で発表されておりますが
こういったライブデモンストレーションにはたくさんの手術を執刀されている先生方から
最新の生の声が伺える場となっており、当院でも積極的に情報収集を行っております。



今後も最新の医療情報を収集し、より安全で低侵襲な
PCI治療を提供できるよう心掛けていきます。


人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM