胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を行いました


綾瀬循環器病院では胸部大動脈瘤に対する「ステントグラフト内挿術」を
行っています。

ステントグラフト内挿術の適応は大動脈瘤の発生部位や形態によりますが、
人工血管置術に比べ手術侵襲が少なくすみます。




手術はカテーテル検査室で行い、レントゲン画像を見ながら
カテーテルによってステントグラフトを動脈瘤の中に留置していきます。
ステントグラフトを留置し、大動脈瘤の拡大及び破裂予防を目的とした
治療法です。



東京女子医科大学病院 心臓血管外科 東隆先生
(胸部・腹部ステントグラフト指導医)による手術を行いました。




この治療に対する、ご相談は各担当医までお願いいたします。
当院初診の方は「あやせ循環器クリニック」の診察予約をお願いいたします。

あやせ循環器クリニック
TEL:03-3605-2821(代表):初診の方
TEL:03-3605-2117(予約センター):再診の方
いずれも午後1時から午後5時の間で承ります。

綾瀬循環器病院は東京都CCUネットワークに加盟し
急性大動脈スーパーネットワークの緊急重点病院に指定されております。
ステントグラフト内挿術や緊急の人工血管置換術にも対応しています。
緊急を要する患者さんの場合は当院の専用救急車(モービルCCU)も
ご利用ください。
(モービルCCUのご依頼は医療機関からのみとさせて頂いています。
患者さん及びご家族からのご依頼はお受け出来ませんのでご了承ください)



人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM