TCT Asia Pacificに参加しました

 

朴沢循環器内科部長(写真中央)が2013年4月23日〜4月26日まで
韓国ソウルで開催された「TCT Asia Pacific」に座長の一人として
Choi先生(韓国)と共に参加されました。

「Moderated Complex Case Competition3」と題し
諸外国の循環器医師が複雑病変に対して行った
経皮的冠動脈形成術(PCI)の症例報告を行い、4名のパネリストと2名の座長が
評価をしBest Challenging Case Selectionを決定するもので
白熱した議論が交わされたそうです。

報告された症例の難易度だけではなく
プレゼンテーションの方法なども含めて評価をされたそうで
活発な意見が多かったとの事。
また会場ではすべて英語での討論だったそうで
朴沢先生は出発前に念入りに準備をされていましたが
無事、座長という大役を果たされてほっとされていました。

朴沢先生、お疲れ様でした。





人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM