鎖骨下動脈狭窄に対してステント治療を行いました


以前鎖骨下動脈に留置したステントの末端に血栓が出来て
しまっています。この血栓が脳に飛んで脳の血流を止めてしまうと
脳梗塞となってしまい、冠動脈なら心筋梗塞を起こしてしまうため
今回はフィルターを留置し、血栓が脳血管や心血管に行かないよう
予防した後、血栓をバルーンで広げ
新たにステントを追加して留置しました。

 

治療後は血流も回復しました。

当院は冠動脈をはじめ鎖骨下動脈や腎動脈狭窄などに対しても
治療を行っています。

人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM