胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を施行しました

(当院のマルチスライスCTで撮影した胸部大動脈瘤)

最近、動脈瘤の患者さんが増加しております。

今までの動脈瘤の治療は、大きく胸やお腹を開けて
人工血管に置換する治療が主でした。
しかし、手術における患者さんの体の負担は大きく
合併症のある方、ご高齢の方は治療が難しいとされてきました。

近年では「カテーテルによる動脈瘤の治療」が広く行われるようになり
ご高齢の方や合併症のある方など従来の人工血管置換術では
ハイリスクとされるような患者さんに対しても
動脈瘤の治療が可能となりました。


綾瀬循環器病院でもカテーテルによる動脈瘤の治療
「ステントグラフト内挿術」を積極的に行ってります。


先日も胸部大動脈瘤の患者さんにステントグラフトによる治療を行いました。
患者さんは肺疾患で呼吸状態が悪く、人工血管置換術は難しい方でした。

(ステントグラフト内挿術中の画像。動脈瘤の一部が瘤(こぶ)になっているのが
わかると思います)


手術は1時間ほどで、ステントグラフトによって動脈瘤を塞ぐことができました。
術後の経過は良好で、手術の翌日には食事も始まり現在は一般病棟で
元気にされております。

足立区近隣の方で動脈瘤と診断された方、疑いのある方は
当院にご相談ください。



人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM