胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を行いました

 胸部大動脈瘤に対してステントグラフトによる治療を行いました。
今回は東京女子医科大学病院の横井先生に患者さんの
動脈瘤に合う形の独自のステントグラフトを作成して頂きました。


当日は東京女子医科大学病院の横井先生、東先生に手術のご協力を頂きました。


手術は2時間と短時間で無事終了しました。
術後の経過も良好で、翌日には歩行が可能な状態でした。


術前の大血管CTです。画像の中央にあるのが胸部大動脈瘤です。


術後の大血管CTです。ステントグラフトが留置され
胸部大動脈瘤が消えているのがわかると思います。

大動脈瘤に対する従来の開胸・開腹による人工血管置換術と比較して、
低侵襲である「ステントグラフト」による治療に積極的に取り組んでいます。

胸部または腹部大動脈瘤と診断された方、あるいは疑いのある方は
当院へご相談ください。

今後も当blogにて綾瀬循環器病院における
ステントグラフト治療について取り上げていきます。




人気ブログランキングへ


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM