閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術(PTA)を行いました

 

循環器内科の富樫幸太郎先生による
下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血管拡張術(PTA)及び
ステント留置術が行われました。


下肢動脈造影を行い右総腸骨動脈に狭窄を認めました。


狭窄している部位に対してステントを
(金属製の 細長い筒。 閉塞した血管や細くなった血管を
広げて固定するために使用します)留置しバルーンで広げました。

綺麗に拡張され無事手術が終わりました。
患者さんは術後経過もよく近日退院予定となりました。

人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM