自動体外除細動器(AED)の講習会

 病棟の広兼師長を講師に医事課職員向けの
一次心肺蘇生法と自動体外除細動器(AED)の講習会を行いました。

まず、広兼師長から倒れている方を見つけた際の

1.意識の確認 (肩をたたく/呼びかける)
2.人を呼ぶ (119番通報の依頼/AED機器を持ってきてもらう等)
3.気道を確保 (額に手をあて、頭をそらす/顎の骨を指先で押し上げる)
4.自発呼吸の確認 (息を感じる/呼吸の音を聞く/胸の動きを見る)
5.心臓マッサージ (胸が3.5〜5センチ沈む程度/1分間に100回のテンポ)
6.AEDの使用 (機器からの音声指示に従う)

の一連の流れを説明いただき、その後、実際に職員が交代で実技を行いました。





実技を行った職員からは、心臓マッサージを行う際に予想以上に力がいるとの声が多く聞かれました。

広兼師長からのお話の中でも、たびたび挙げられていた、蘇生率は1分ごとに7〜10%するため
1分1秒でも早くAEDなどで対処することが重要であるということが強く印象に残りました。

緊急時には、この講習を生かす事ができるようにしたいと思います。



人気ブログランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

プロフィール

サイト

サイト内検索

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM