SLENDER CLUB JAPAN Live Demonstraion & Annual Meetng 2017 in TOKYO

 

2017年4月14日から16日の3日間、品川プリンスホテルにおいて

「SLENDER CLUB JAPAN Live Demonstraion &

    Annual Meetng 2017 in TOKYO」が開催されました。

 

本研究会は、患者さんの体への負担のより少ない

低侵襲循環器治療を研究する会で、今年で10年目になります。

この分野は世界中で注目されており、年々海外からの参加者が増え続けています。

 

 

この中で、当院の宇野欣秀内科医長

「新しい立体形状の細いカテーテルを用いた治療」

ビデオセッションの座長を務め、この治療法の利点・注意点に

ついて討論を行いました。

 

この分野は日本が世界をリードしていますが、今回の研究会では

オランダのキムニー先生が全く新しいアプローチを発表され

皆の関心を集めました。

 

また、久留米大学の上野高史教授は、今後日本での普及が期待されている

生体吸収性スキャホールドの思わぬ血管への影響を提示され

注意喚起を行いました。

 

この他、医師・看護師・放射線技師等のセッションで

いかに患者さん・医療スタッフに

対する負担を軽減するかについて議論が行われました。

 

当院では今後とも研究会等で得た最新の知識の元、患者さんに

優しい循環器医療に力を入れていきます。


定例勉強会(豚の心臓の解剖)

 

先日の定例勉強会では豚の心臓の解剖実習がおこなわれました。

 

上の写真は丁院長先生が豚の心臓に血管を縫合をしている様子です。

看護師さんたちは院長先生の解説を真剣に聞いています。

 

 

建部 祥 先生です。

豚の心臓を開いて内部の構造を詳細に説明しています。

 

 

田邉 友暁 先生です。

豚の心臓を使って丁寧な縫合を実演しています。

 

 

眄 哲郎 先生です。

豚の冠動脈について説明しています。

 

 

四月から綾瀬循環器病院に着任されました循環器内科の中村 龍太 先生です。

心室の構造を説明しています。

 

普段はあまり接する機会のない心臓の手術の様子を見ることができて、

大変勉強になりました。


第81回日本循環器学会学術集会in金沢

平成29年3月17日から19日の3日間、石川県金沢市において

循環器領域では日本最大の学会である

第81回日本循環器学会学術集会が開催されました。

 

 

 

日本中から約15,000人の循環器医療関係者が集まり

最新の診断法・治療法について発表・討論等行いました。

 

 

この中で、当院の宇野欣秀内科医長が市民公開講座の座長を務め

市民による心肺蘇生講習会の司会も務めました。

 

 

この模様は地元の新聞にも取り上げられています。

当院では今後とも学会等で得た最新の知識の元

地元の皆様の循環器医療に力を入れていきます。

 

*なお宇野先生は2017年4月14日(金)から4月16日(日)に

品川プリンスホテルで開催予定の 

”SLENDER CLUB JAPAN Live Demonstration&

  Annual Meeting 2017 in TOKYO”

にて心血管及び末梢血管に対する経カテーテル検査・治療の

実技指導を行う予定です。

後ほどblogにてご報告します。

 

 


第36回東京CCU研究会へ行ってきました

2016年12月3日(土)に

ステーションコンファレンス東京で開催された

第36回東京CCU研究会へ行ってきました。

 

 

今回のテーマは「CCUと集中治療-今後のCCUのあり方を考える」を

テーマにさまざまな発表がありました。

 

 

午後からの一般演題2 ポスター発表で院長先生が座長をされました。

 

 

質疑応答もたくさんあって、参加された方がこれまでの

経験を踏まえたお話があり、とても有意義な時間でした。


平成28年度 第3回Naive定例勉強会


10月15日に綾瀬循環器病院リハビリテーション科主催の

研究会(平成28年度 第3回Naive定例勉強会)が開催されました。

 

今回の勉強会のテーマは「心不全について」です。


綾瀬循環器病院副院長・あやせ循環器リハビリ病院院長 野崎直樹先生より

『慢性心不全におけるチーム医療』と題して講演が行われました。

 

 

 

また、綾瀬循環器病院 循環器内科 多田博子先生からは

『再入院を繰り返す慢性心不全患者さんの栄養』についての講演。

 

 

綾瀬循環器病院 理学療法士 高良優希さんからは

『難治性心不全のリハビリテーション』
と題して症例発表が行われました。

 

今回は近隣病院の方々も多数参加して頂き、

活発な意見の交換も行われとても有意義な勉強会となりました。


メディカルヨガ体験会

 

本日は病院職員向けに日本メディカルヨガ協会の講師の先生をお招きして

メディカルヨガの体験会が行われました。

 

海外ではヨガを医療として取り入れたヨガセラピーという概念があり、
アメリカの医療の現場では補完代替医療としてヨガが取り入れられ、
活用され始めているそうです。

 

実際に体験してみますと、ヨガは難しいポーズもなければ、
運動量も決して多くありません。


呼吸に合わせて、無理なくゆっくり身体を動かします。

疲れた心身が少しずつリラックスしていくようでした。

 

病気や怪我を抱えていても取り組めるヨガは、続けていくことで

日常生活に取り入れることも難しくなさそうです。

 


綾瀬循環器病院との病診連携の会〜糖尿病性腎症を考える〜

10月6日千葉県循環器病センターの平井愛山先生と、当院と連携している近隣の先生方をお招きし病診連携の会を開催しました。

 

糖尿病を患っている患者さんの重大な合併症として網膜症(目が見えなくなる)、腎症(腎不全や透析へ)、神経障害(感覚麻痺から最悪の場合切断が必要)が知られています。他にも糖尿病による危険がある病気はたくさんありますが、今回はその中でも糖尿病性腎症に焦点を当てて講演をいただきました。

透析が必要な患者さんの多くは糖尿病が原因となっています。その透析を導入となる前になんとかしようとする研究をされているのが平井先生です。

糖尿病性腎症の患者さんが透析を回避するためには医療機関にかかり、腎臓の保護薬をもらうことも大事ですが、その薬の効き目を左右させるのが食事です。特に塩分が多いと腎臓の保護薬の効き目は0(ゼロ)になると講演でおっしゃっていました。同じ治療法でも減塩を徹底した患者さんは透析を回避できた方がかなり増えたとのことです。

 

糖尿病や腎症がなくても塩分過多が血管系に与えるダメージはかなり大きいようです。日頃から減塩を心がけ、1日の塩分摂取量を10g未満にするとよさそうです。

平井先生、大変貴重な講演誠にありがとうございました。


The 7th china IVUS Academy Advanced Training Course

 

2016年8月1日から3日、中国の上海復旦大学で行われた

Dr.Gary MintzとBoston Scientific社主催の

”The 7th China IUVS Academy Advanced Training Course"

循環器内科医長の高瀬先生が座長およびコメンテーターとして参加されました。

 

 

当院では経皮的冠動脈形成術(PCI)を行う場合、IVUS(血管内超音波検査)を

ほぼ行い、血管内部の断層画像をリアルタイムで見ながらより安全な

PCIを行っています。今回はその経験をふまえPCI施行時のIVUSの有効性について

発表をしてきました。

 

 

 

 

無事、発表を終えてほっと一息。

 

 

Dr.Gary Mintz先生と記念撮影

 

 

会場の復旦大学付属中山医院前にて。


第9回城東循環器疾患治療懇話会が開催されました

 

先日、第9回城東循環器疾患治療懇話会が浅草ビューホテルにて開催されました。

 

 

当院からは心臓血管外科医長 建部祥先生より「当院のモービルCCUについて」と

題して講演が行なわれました。

 

また、特別講演として武田病院健診センター所長 京都大学医学部臨床教授

桝田出先生より

「SGLT2阻害剤の多面的な影響を生かした糖尿病大血管症管理

 〜TAKEDA−INSIGHT studyからの考察〜」

と題して講演が行なわれました。

 

各方面から多数の先生方のご出席を頂き、とても有意義な懇話会となりました。
 


定例勉強会(豚の心臓の解剖)


先日、毎年恒例となっている豚の心臓を使った解剖の
講義・実習がありました。

今年もたくさんの新入職員が入職し、みなさん真剣に先生方の説明を聞いていました。
写真は丁院長先生が心臓の各部位の構造を解説し、縫合を実演しています。



遊佐 裕明 先生です。
弁の構造を説明しています。



建部 祥 先生です。
心臓の血管である冠動脈の説明をしています。



田邉 友暁 先生です。
心室の構造を説明しています。



半沢 善勝 先生です。
大静脈から心臓と肺を経由して大動脈出ていく血液の流れを説明しています。


心臓の構造を実際に様々な角度から見て、触れて、
理解を深めることができる大変ためになる勉強会でした。


カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM