中学生の職場体験学習

 

近隣の中学校の生徒さんが職場体験学習として当院へいらっしゃいました。
2日間に渡って病院内の様々な業務を体験してもらいました。
 

写真は、AEDの操作をしている様子です。

練習用人形を使用して、声掛けから始まり、呼吸確認、心臓マッサージ、

AEDの使用といった救命処置の一連の流れを体験しています。

 

生徒さんには、この体験学習を機に医療機関の業務について

興味を持って貰えればと思っています。

 


消防訓練

 

本日は消防訓練を行いました。

写真は消火ホースの使い方を説明しているところです。

 

最近入職した職員が集合し、消化器の場所、防災パネルのチェック、

消化器の使い方、ストレッチャーを担架として使用する方法など、

火災が発生した時に職員はどう速やかに行動するべきかを、

徹底的に覚えてもらいました。


グリーンカレー

 

 

本日の職員向け昼食メニューはグリーンカレーでした。

程よい辛さが、厳しい残暑でバテ気味の身体をピリッと刺激してくれました。

 

 

〜管理栄養士よりコメント〜

グリーンカレーとは、香辛料やハーブをペースト状にして炒めて、

ココナッツミルクや魚醤で味を調え、緑のとうがらしで辛みをつけたカレーです。

見た目は緑ですが、とっても辛いカレーです。

 

グリーンカレーは特にルウやバターを使っていないので、低糖質、低糖質で

ヘルシーな料理です。

 

また、牛乳の代わりにココナッツミルクを使っているので糖分が少なく

代わりに必須脂肪酸が多いカレーです。特に女性にうれしい美肌、きれいな髪、

アンチエイジングに効果があるとされ、世界から注目されている食材になります。

 

更にカレーには香辛料が多く含まれていて食欲増進、冷え症、かぜ予防、疲労回復、

二日酔いにも効果があるので暑い夏を乗り切るにはぴったりの料理になります。

 

みなさんもカレーを食べてこの暑い夏を乗り越えましょう!!

 


The 7th china IVUS Academy Advanced Training Course

 

2016年8月1日から3日、中国の上海復旦大学で行われた

Dr.Gary MintzとBoston Scientific社主催の

”The 7th China IUVS Academy Advanced Training Course"

循環器内科医長の高瀬先生が座長およびコメンテーターとして参加されました。

 

 

当院では経皮的冠動脈形成術(PCI)を行う場合、IVUS(血管内超音波検査)を

ほぼ行い、血管内部の断層画像をリアルタイムで見ながらより安全な

PCIを行っています。今回はその経験をふまえPCI施行時のIVUSの有効性について

発表をしてきました。

 

 

 

 

無事、発表を終えてほっと一息。

 

 

Dr.Gary Mintz先生と記念撮影

 

 

会場の復旦大学付属中山医院前にて。


第9回城東循環器疾患治療懇話会が開催されました

 

先日、第9回城東循環器疾患治療懇話会が浅草ビューホテルにて開催されました。

 

 

当院からは心臓血管外科医長 建部祥先生より「当院のモービルCCUについて」と

題して講演が行なわれました。

 

また、特別講演として武田病院健診センター所長 京都大学医学部臨床教授

桝田出先生より

「SGLT2阻害剤の多面的な影響を生かした糖尿病大血管症管理

 〜TAKEDA−INSIGHT studyからの考察〜」

と題して講演が行なわれました。

 

各方面から多数の先生方のご出席を頂き、とても有意義な懇話会となりました。
 


ボリジ


あやせ循環器クリニックのハーブガーデンにはボリジが綺麗に花を広げています。
ボリジは青い花が特徴なのですが、当院のものは珍しく白い花です。

ボリジは風邪の症状を和らげる効能をもつハーブです。
タンニン、カリウム、カルシウムが豊富に含まれ、葉や花に発汗作用や抗炎症作用
があるそうです。ヨーロッパでは古代から薬効があることが知られており、
飲み物に浮かべて飲む習慣があったとのこと。


うつむいて咲く小さく儚げな白い花ですから、
グラスに浮かべれば穏やかな気分になれるかもしれませんね。
 

定例勉強会(豚の心臓の解剖)


先日、毎年恒例となっている豚の心臓を使った解剖の
講義・実習がありました。

今年もたくさんの新入職員が入職し、みなさん真剣に先生方の説明を聞いていました。
写真は丁院長先生が心臓の各部位の構造を解説し、縫合を実演しています。



遊佐 裕明 先生です。
弁の構造を説明しています。



建部 祥 先生です。
心臓の血管である冠動脈の説明をしています。



田邉 友暁 先生です。
心室の構造を説明しています。



半沢 善勝 先生です。
大静脈から心臓と肺を経由して大動脈出ていく血液の流れを説明しています。


心臓の構造を実際に様々な角度から見て、触れて、
理解を深めることができる大変ためになる勉強会でした。

あけまして おめでとうございます



本年も宜しくお願い申し上げます。

<通常外来診療>
あやせ循環器クリニックの外来診療は、1月5日(火)より行っております。

CCT2015に参加しました。


2015年10月29日に神戸国際展示場で開催された
CCT2015に朴沢英成循環器内科部長がランチョンセミナーの座長として参加されました。



今回は「当院における抗血小板治療の現状とカテーテル治療の実際」として
PCI後には必ず服用が必要となる抗血小板薬をいつまで服用し続けるのが
ベストなのかということを検討したそうです。

治療した冠動脈の状態(石灰化が強かった等)や患者さんがお持ちの
糖尿病や脂質異常症などの他の疾患も含め、いろいろなケースがありますので
大規模臨床試験の結果などを踏まえながら、今まで治療された患者さんの
経験談などを話し合い大いに盛り上がったそうです。


防潮板の設置訓練

本日は防潮板の設置訓練を行いました。

新築の綾瀬循環器病院では、周辺河川の氾濫・大雨による洪水時を想定して
防潮板(建物内部への浸水を堰き止める板)を設置することができます。

設置は人力なので、いざという時に速やかに設置するためには
定期的なメンテナンスと職員の設置訓練が欠かせません。

病院では今後も防災訓練とともに定期的な訓練を行う方針です。






 
Check


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

ランキング

グーバーウォーク

エントリー

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM